TOP >歌声の研究(ボイトレ研究)TOP >力みをなくして歌うにはどうすれば良いのか?
2017.3.15更新 2017.3.15作成

ロック好きの男は特に力みやすい

歌を始めたばかりの人の多くが抱える問題が「力んでしまう」という悩みでしょう。

結論から言うと、「リップロールの感覚で出す。」というのがこの悩みの答えになります。

私もロック系が好きで歌を始めたので、最初は力みまくりでした。
(今も音域によっては、力んでしまう音域があり、なくそうと努力し続けています。)

力みない歌声は、負担なく楽しく歌えるようになる大きな第一歩なので、力まれていると感じている方は是非取り組んでいただきたい内容です。


手順

声を出しながらリップロールをやると、力みがない状態で声を出すことができます。
歌うときも、同じような感覚で出すようにすると力みなく歌うことができます。

※リップロールは必ず声を出しながらやってください。唇だけ動かしても意味がありません。

歌うときはリップロールのときの力の入れ具合、フィーリングを思い出しながら歌ってください。
ちなみに、よりレベルが高まると、声を出すという意識ではなく、声を出すことで発する「響き」に意識を向けていくと良いです。

【このページの参考文献】

なし




無料メルマガを発行しております。

当サイトの更新情報や、読者のみが閲覧可能なボイトレ動画のURLのご連絡を発信しております。



私の代表曲はこちら!