TOP > ボイストレーニングの知識TOP


ボイストレーニングについて

○そもそも何をトレーニングするのか?

ボイトレ本や先生から学ぶ際に気を付けること

○メカニズム面、フィーリング面をしっかりわけて考えることが大切

用語の定義について

○地声、裏声、ミックスボイス、チェストボイス、ミドルボイス、ヘッドボイスとは何か?
○声区とは何か? ~声区を完全に分類することは難しい。

呼吸について

○腹式呼吸を神格化しても意味はない。最低限できればOK。

声帯回りの筋トレについて

○腹筋を鍛えても歌には何の意味もない。
○声帯回りの筋力・使い方を鍛えることに意味がある。
○アンザッツ(声帯回りをまんべんなくトレーニング)
○エッジボイス(おそらく声帯筋以外をトレーニング)
○メッサ・ディ・ヴォーチェ(裏声にエッジボイス+声帯筋の作動を追加するトレーニング)

響きの取り方について

○声を出そうとするのではなく、響きを管理することで声をコントロールする。
○響きのベストな位置を探そう!
○母音のフォルマントとは何か?

表現力を豊かにするテクニックについて



私の失敗談

○ボイトレ教室選びの失敗
○力んで高音を出そうとしていた。むしろ、力まずに出せるとは思っていなかった。

ブログでも解説しております

○ブログの歌の知識一覧



無料メルマガを発行しております。

当サイトの更新情報や、読者のみが閲覧可能なボイトレ動画のURLのご連絡、読者限定値引きの情報など、
お得な情報を発信しております。





私のオリジナル曲はこちら!